空手道 天志道場 HISTRY

 
 
「強さへの憧れ」

幼少期は病弱で、気も弱く、苛められることも
多かったことから、強さへの憧れは人一倍持っていました。

そしてブルース・リーの映画やテレビのプロレス、
漫画「空手バカ一代」などを見ることで、
強さへの欲求がより高まり、自分も格闘技をやろう�と
決意をしたのでした。

高校2年の時、同級生が通っていた道場に
入門をしたのが空手との出会いです。
若くて体力もあった当時は、毎日のように道場に通い、
日々遅くまで稽古に明け暮れていました。

ちょうど同世代の仲間も多く、共に切磋琢磨しなが
ら試合にも積極的にチャレンジをし、
本気で”最強”を目指していた時代でした。

「ハードトレーニングの果てに」

もっと色んなことを学びたい、もっと早く強くなりたい。
飽くなき向上心から高校卒業後の就職先も、
「稽古が充分にできる環境」で選ぶほどの空手熱の入り様でした。しかし、当時はまだコンディショニングについての知識もなく、
練習はとにかく気合と根性でガムシャラに量をこなすものでした。

そのため、上手く動けて勝てる時もあれば、
直前に風邪を引いたり、オーバーワークで思うように動けず
コロッと負けてしまうなど、戦績も不安定なものです。
また、試合へのプレッシャーもものすごく感じ、
自分の試合直前になると、吐き気を催したりすることも
しょっちゅうでした。

最後の試合となったのは�25才の時に初めて出場した全日本大会。この時は多くの強豪が集うこの大会でとにかく勝ちたい�
というのと、動いていなければ不安に駆られるという
プレッシャーから、出場を決めてから1日も休むことなく、
ハードトレーニングを自分に課しました。

案の定試合当日は思うように身体は動かず、内容はボロボロ。
2回戦で敗退し、全日本大会へのチャレンジは終わるとともに、
自分の中で、空手に対する情熱や意欲もプツン、
と切れてしまったのです。

「燃え尽き症候群」。そんな感じになってしまった私は、
「空手はもういいや」という気持ちになり、
道場からも自ずと足が遠のきました。

「再び空手の道へ」

一度辞めた空手を再び始めることになったのは、
当時、整骨院を開いていた時に患者として来られていた
主婦の方の一言がきっかけでした。

治療中の何気ない会話の中で、
私が空手をやっていた話になり、
その方が「先生、ちょうどうちの子、
精神的に強くしたいと思って武道を習わせようと思ってたのよ。
よかったら空手を教えてもらえないかしら�」と頼まれ、
治療院の空きスペースで近所の子どもたち5人
􁵆内2人は我が子たちでしたが􁵆笑􁵇􁵇を相手に
「子ども空手教室」の名称で
第2の空手人生がスタートしたのでした。

「指導の行き詰まり」

当時の子どもたちへの指導ですが、
元々体育会系の「怒鳴られ、叩かれ」の中で育ってきた私は、
そのような厳しい指導を生徒たちにも行っていました。

稽古中、ふざけていたり、上手くできない子には
大声で怒鳴ったり、時には手を上げることも
ありました。しかし、怒った時にはキチンとしても、
目を離すとまた同じことの繰り返し。
子どもたちとどう接していけばいいのか、
まったく出口の見えないまま指導のやり方に迷い、
悩む日々を過ごしていたのでした。

「師との出会い」

そんな時に知人のトレーナーから、
現在、私の師であり、当道場の顧問をしていただいている
長谷川式メンタルトレーニングの開発者、
長谷川一彌先生をご紹介いただきました。

長谷川先生からは指導の本質や、
人間の心と身体のメカニズムを生理学や脳科学、
量子物理学の観点からわかりやすく教えていただき、
元々医療系の仕事をしていた私にとっては、
大いに納得のできる話ばかりでした。

そこからより良い指導ができるようになるために
何度も勉強会に足を運び、
学んだことを現場で実践していくことで、
子どもたちにも変化が現れてきました。

「指導者が変われば、生徒も変わる」

これまでは、言うことを聞かない、上手くできない子に対して、
その子を変えようとしていました。
だから思い通りにいかない時には、
すぐ感情的になって怒鳴ったり手を上げたりで、
当然子どもたちも練習中はこちらの顔色を
窺うような感じで、とても空手を楽しんでいるようには見えません。

しかし、自分自身が子どもたちに対しての
考え方や行動、言葉を変え、その中で人間の心と身体の
メカニズムに適った指導を行っていくうちに、
子どもたちの態度や行動にも変化が現れたのです。

それとともに、子どもたちの空手の技術も
加速的に高まり、現在では全国レベルの大会で
活躍する選手も現れるようになりました。

子どもたちが大きく変わった、
そのポイントは「指導者が変わること」だったのです。

「一般部を開設するも。。。」

しばらくは治療院で稽古を行っていましたが、
平成13年、稽古場所を岡町に移転したのを機に、
道場名を「空手道天志道場」としました。
そして、平成16年4月に東豊中道場を開設し、
その年の9月より東豊中道場にて一般部を始めました。

その時の稽古は、基本稽古はやるものの、
中心はミット練習やフィジカルトレーニング、
組手をガンガン行っていくスタイルでした。
しかし、入門者が来ても体力的についていけなかったり、
ケガによって退会する人も多く、
なかなか生徒が定着しませんでした。

また、私自身も年齢的なものから来る体力の衰えに
「このままこのような稽古を一生続けていくことはできないな
」と思い、もう一度稽古の内容を見直すことにしたのです。

「原点回帰」

年を取っても稽古を続けられる、
年を重ねるほどに強くなれる空手。
生涯武道を目指すためには、空手の原点に戻ることが
必要であると思い、それまでやってこなかった「型」を
学ぶことにしました。

ご縁のあった伝統空手の先生の元に伺ったり、
空手の源流である沖縄に行き、様々な流派の型とその意味や
運用法についてを学び、改めて空手の深遠さ、素晴らしさを
知ることができました。

それからの稽古は、基本をしっかりと身につけ、
型を通じて技を磨き、身体を錬り、
老若男女誰もがそれぞれの”強さ”を目指すことのできるものへと変わったのです。

「道場生の頑張りを見て」

道場を開設してからは指導に専念していましたが、
道場生たちが試合にチャレンジし、
がんばる姿を見ているうちに、自分の中で若いころ、
中途半端な形で選手を引退したことを
後悔する気持ちが湧いてきました。

そして、40代後半になった自分でも、
どこまで成長することができるのか、
道場のモットーであるチャレンジ精神を自分自身が実践し、
道場生たちに背中を見せることができれば、という想いから
再び現役復帰を決意し、トレーニングを再開しました。

そして50人連続組手や試合に挑戦し、
2015年にはマスターズの全日本大会にも優勝することができ、
いくつになっても人間は進化成長することができるのだ、
という事を自身の経験を通じて改めて
確認することができたのです。

「目指せ!!人生の達人」

天志道場では「誰もが強くなることのできる空手」を
モットーとし、中学生から50代の老若男女様々な
世代の方がそれぞれの目的を持って日々稽古に励んでいます。

「強くなる」というのは、誰かよりも強くといった
相対的なものではなく昨日の自分より今日の自分、
今日の自分よりも明日の自分が強くなる、ということです。

人と比較しよう、争おうと思えばそこに対立が生まれます。
武道とは、闘いを通じて道(生き方・考え方)を学んでいくもの。
人と闘って勝つという争いの意識を、
より高い次元の意識に昇華させること。
その本質は争いのない「和」の精神にあるのです。

人との対立・比較という意識を超越し、
己の技と心を磨き上げる事で
『人を活かす空手』ができるのではないでしょうか。
それは、空手の枠を超えた人生を心豊かに
生きるための価値観でもあるでしょう。

精神的にも肉体的にも弱かった私は、
空手のおかげで心技体ともに
成長をさせてもらうことができました。

私自身が、そうであったように、
道場生が「空手のおかげで自分は強くなれた!!」
「空手をやっていて良かった!!」と
心から思える、そんな道場にしたいというのが私の想いです。

私はそうした空手の楽しさ、素晴らしさを、
日々の稽古を通じて道場生に伝え、
共に精進し、”人生の達人”を目指していきたいと思います。


 




















































 
【稽古の見学・体験のお問い合わせ先】

空手道 天志道場事務局

連絡先 06-7162-2988   代表 竹中

メールアドレス tenshi@soul.zaq.jp


HOME